オワンクラゲ



庄内での呼び名:
学名:Aequorea coerulescens (Brandt)
分類:刺胞動物門 ヒドロ虫綱 軟クラゲ目 オワンクラゲ科

庄内浜では3-6月に多く出現する。傘の中央にある口を大きく開き小型のクラゲ類や小さなアミ類などを食べる。 発光するクラゲとして知られていて、このクラゲからはエクオリンとGFP(グリーン発光タンパク)が発見されています。エクオリンは、カルシウムイオンの 測定試薬として、またGFPは、その遺伝子を目的の遺伝子につなぎ蛍光マーカーとして利用されています。

上へ