キュウセン

キュウセン

分類:脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 ベラ科 キュウセン属

庄内での呼び名:しまめぐり、あおらげ(♂)

学名:Parajulis poecilopterus
英名:Multicolorfin rainbowfish
漢字:九線、求仙
体長:オス~30cm、メス~20cm

函館以南(沖縄県を除く)に分布、やや内湾性で、岩礁域や転石の多い砂底に生息する。砂に潜ったり、横になったりして休む習性がある。ベラ科の中では最も味が良いといわれる。
青っぽい体色のものと赤っぽい体色のものと、別種とも思えるほどの2型がある。メスは赤っぽい体色で、成長するとオスへと性転換する。青っぽい体色のものは全て性転換したオス個体である。一方、生まれながらオス個体もおり、メスと同じ体色で外見からは見分けることができない。これを「一次オス」、性転換した青色体色のものを「二次オス」と呼び、二次オスはハーレムを形成するが、一次オスはメスのふりをしてハーレムに入り、繁殖行動をすることもあるという。

上へ