ウミサボテン



庄内での呼び名:
学名:Cavernularia obesa
分類:刺胞動物門 花虫綱 ウミエラ目 ウミサボテン科

北海道西岸以南に分布、砂泥底に生息する。昼間は砂の中に縮み5cm程しかないが、夜になると大きくなり30cm以上に伸びる。着生生活はせず、根元を砂の中に埋めて生活する。刺激を与えると発光する。

上へ