ギンブナ




庄内での呼び名:ふな・ふなんこ・まぶな
学名:Carassius auratus langsdorfii
分類:脊索動物門 条鰭綱 コイ目 コイ科

日本全土に分布、河川の中・下流域や池などに生息する。庄内で最も多く見られるフナ。ほとんどメスしかおらず、メスだけで繁殖(単為生殖)を行う。ギンブナの卵に、他の魚の精子がかかった刺激で発生が進むといわれている。

上へ