サナダミズヒキガニ

サナダミズヒキガニ

分類:節足動物門 甲殻綱 十脚目 ミズヒキガ二科

庄内での呼び名:-

学名:Latreillia valida
英名:-
漢字:-
甲長:~1.5cm

秋田県以南の日本海、東京湾~豊後水道の太平洋沿岸に分布、水深50~300mの砂泥底や礫底に生息する。体は小さいが脚は非常に細長く、長いものでは10cmを超える。また、紅白の縞模様が非常に派手で、第5脚の先端には羽状毛が生えている。底引き網でよく採集されるが、脚が非常に折れやすく、網をあげてくる間に取れてしまうので、10本の脚がそろった個体が搬入させるのは稀である。

上へ