オオヒタチオビ

オオヒタチオビ

分類:軟体動物門 腹足綱 新腹足目 ヒタチオビガイ科 イトマキヒタチオビ属

庄内での呼び名:-

学名:Fulgoraria magna
英名:-
漢字:大常陸帯
殻長:~20cm

北海道から本州北部に分布、水深50~200mの砂泥底に生息する。砂に潜っていることが多い。底引き網でよく採集され、食用にもなる。「ヒタチオビ」は「常陸帯」と書くが、茨城県・鹿島神宮の神事「帯占い」から来ていると言われている。

上へ