キタノメダカ

キタノメダカ

分類:脊索動物門 条鰭綱 ダツ目 メダカ科 メダカ属

庄内での呼び名:めくらざっこ

学名:Oryzias sakaizumii
英名:Japanese rice fish, Japanese killifish
漢字:北目高
体長:~4cm

兵庫県以北の本州日本海側と青森県太平洋側にも分布、平野部の池沼、水田、細流などに生息する。日本の淡水魚で最も小さい魚。河川改修などの影響を受け生息数が大幅に減少し、絶滅危惧種となっている。
従来日本国内に生息するのは「メダカ」と呼ばれる1種類とされていたが、北日本集団の「キタノメダカ」と南日本集団の「ミナミメダカ」に分けられた。

上へ