ハタハタ

庄内での呼び名:はだはだ
学名:Arctoscopus japonicus
分類:脊索動物門 条鰭綱 スズキ目 ハタハタ科

宮城県以北の太平洋、日本海、オホーツク海に分布する。産卵期は11~12月。荒天により水温が急激に下がる時に接岸し、産卵するため、別名「かみなりうお」とも呼ばれている。球形の卵塊を海藻の軸などに産み付ける。

上へ