新型コロナウイルス感染防止対策について

新型コロナウイルス感染拡大防止にご協力ください。

加茂水族館では、ご来館の皆様・水族館スタッフの安全・安心のため、新型コロナウイルスの感染予防および拡散防止の取り組みを下記の通り実施いたします。

【ご来館の皆様へのお願い】

  • 咳や喉の痛み、発熱など風邪のような症状がある場合はご来館をお控えください。
  • 必ずマスク着用でご来館いただき、咳エチケットにご協力ください。(幼児、特に2歳未満のお子様はその限りではありません。)
  • ご来館時、お手洗い後など、こまめに手指の消毒を行ってください。
  • 館内に入る時は、設置してある消毒マットにて靴底を消毒してください。
  • 大きな声での会話はご遠慮ください。
  • 入館時や観覧時は、2mの間隔を空けるようにしてください。クラゲ大水槽前の観覧スペースや、ひれあし広場などの屋外におきましても間隔を空けてご観覧ください。
  • 観覧時の間隔確保のため、1時間あたり240人程度の入館者を目安とし、入館規制を行うこともあります。
  • 体調が悪化した時や気分がすぐれない場合はスタッフまでお申し出ください。

【入館するときは】

  • 入館前にサーマルカメラを使用して検温を行います。発熱が確認された場合、ご本人とお連れの方のご入館をお断りさせていただきます。
  • 来館者に感染が確認された場合の連絡を目的に、ご来館の皆様の連絡先などをお伺いします。(用紙に記入する方式もしくはスマートフォンなどでフォームを入力する方式)
  • 検温や連絡先記入をお待ちの際は、2mの間隔を空けるようにしてください。
  • 厚生労働省の新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の利用を推奨しています。
  • 山形県の公式LINEアカウントを活用した感染拡大防止システム「山形県新型コロナ安心お知らせシステム」もご利用ください。

【水族館での感染防止対策】

  • スタッフは毎朝の体温測定、体調観察を行い、異常がない場合業務に当たります。
  • スタッフはマスクを着用し、手指の消毒を徹底します。
  • 館内、特に手の触れる場所(手すり、ドア、机など)を定期的に消毒、清掃します。
  • 受付には飛沫防止のためビニールシートを設置します。
  • 飛沫感染防止のため、トイレのエアドライヤーの使用は停止します。
  • 3密防止の注意喚起として、館内放送やスタッフの巡回を適宜行います。
  • 館内の換気のため、自動ドアを適宜開放します。
  • 密集防止対策として、館内プログラムなどは全て休止します。
  • 密接防止対策として、展示通路には2m間隔の目安となる床面表示物を設置します。また、タッチプールの利用、ボランティアガイドの活動は休止します。

【売店・レストランなどの営業について】

  • 売店「海月灯り(つきあかり)」:入店人数を制限して開店しています。定員を超えた場合は、入店できるまでお待ちいただきます。売店だけのご利用はお断りしております。レジ前には飛沫防止のためビニールシートを設置しています。
  • レストラン「沖海月」:通常通り営業しています。席にはアクリルパーティションを設け、使用ごとに消毒を行っています。一部カウンター席はイートインスペースとしてご利用できます。
  • 軽食売店「波の華」:券売機での注文、販売となります。受け渡しのカウンターには飛沫防止のためビニールシートを設置しています。

※上記対策について印刷などされる場合は、こちらの「加茂水族館の新型コロナウイルス感染防止対策(PDF)」をご利用ください。

※感染防止のため、入館制限や館内での一時的な観覧制限を行う場合もあります。ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解、ご協力をお願い申し上げます。
※感染拡大の状況などを踏まえ、上記内容が変更、また再度休館となる場合もあります。
 

上記対策は、政府・山形県の方針を踏まえ鶴岡市新型コロナウイルス感染症対策本部が決定した対応方針に基づいています。
その他、日本動物園水族館協会策定の「動物園・水族館における新型コロナウイルス感染対策ガイドライン(改訂第3-1版)」を参照しています。

上へ