ウマヅラハギ




庄内での呼び名:んま・かわはぎ・んまづら・うまづら
学名:Thamnaconus modestus
分類:脊索動物門 条鰭綱 フグ目 カワハギ科

北海道以南の日本各地に分布、水深100m以浅の砂泥底や岩礁域に生息する。肉食性で、クラゲや底生動物を食べる。カワハギと称して店頭に並ぶこともあるが、体形がカワハギより細長く、ひれが青い。顔が長く馬の顔に似ていることが名前の由来。

上へ