ツノナガコブシ



庄内での呼び名:
学名:Leucosia anatum
分類:節足動物門 甲殻綱 十脚目 コブシガニ科

秋田県および千葉県から九州に分布、水深20~80mほどの砂泥底などに生息する。甲羅には3対の白点があり、歩脚は白と橙の縞模様が鮮やかである。はさみの先も白色でよく目立つ。刺し網漁でよく採集される。

上へ