タケノコメバル




庄内での呼び名:そい・どご
学名:Sebastes oblongus
分類:脊索動物門 条鰭綱 カサゴ目 フサカサゴ科

北海道南部から九州までの日本各地に分布、沿岸の岩礁域に生息する。タケノコと言う名前は、筍の出る頃に味が良いことと、体色や模様が筍の皮に似ていることが由来である。

上へ