シミコクラゲ



庄内での呼び名:
学名:Rathkea octopunctata (M.Sars)
分類:刺胞動物門 ヒドロ虫綱 花水母目 シミコクラゲ科

庄内浜には1~3月の真冬に出現する、成長しても5mm前後にしかならない小型の水母。
親クラゲの口柄の付け根からから水母が出芽しやがて離れて体外に放出され泳ぎ出す。
放出された水母は成長し数日間で水母を作るようになり、一個体いれば1ヶ月後数百個体に増殖する。
もちろん、水母から水母の無性生殖だけではなく、受精卵からポリプになり無性生殖、ポリプからの水母の出芽もある。

上へ