カワハギ



庄内での呼び名:うし・かわはぎ・うしづら
学名:Stephanolepis cirrhifer
分類:脊索動物門 条鰭綱 フグ目 カワハギ科

北海道以南に分布、砂泥底に生息するが、岩礁域にも現れる。体形はひし形。か調理の際、皮が簡単に身からはがせることが名前の由来となっている。おちょぼ口で餌をつつくため、針にかからず、釣り人からは餌取り名人と呼ばれている。

上へ