カタクチイワシ

庄内での呼び名:かだぐぢいわし・ばがいわし
学名:Engraulis japonicus
分類:脊索動物門 条鰭綱 ニシン目 カタクチイワシ科

日本各地に分布、沿岸から沖合の表層を群泳する。名前の由来は上顎が下顎より極端に大きく、口の形が偏って見えることから。漢字では「片口鰯」と書く。寿命は2年程と短い。

上へ