カギノテクラゲ




庄内での呼び名:
学名:Gonionema vertens A.Agassiz
分類:有胞動物門 ヒドロ虫綱 淡水クラゲ目 ハナガサクラゲ科

庄内浜では6-7月に毎年見ることができる。本種はホンダワラ属の海草に付着生活していてあまり泳ぎ回ることはない。
刺胞の毒は強烈で水族館の飼育員が刺され 40度の高熱とインフルエンザに似た症状がでた。3日入院し完治するまで10日を要した。庄内地方ではバンデムシと呼ばれかなり恐れられている。

上へ