エチゼンクラゲ

庄内での呼び名:
学名:Stomolophus nomurai (Kishinouye)
分類:刺胞動物門 鉢虫綱 根口水母目 ビゼンクラゲ科

前は、数年に一度の周期で出現していたが、最近では毎年のように大量発生している。庄内浜には9-12月に出現し時に大量発生すると傘経1m程の個体が数 千も漁網に入り網上げに支障をきたすこともある。

上へ