ダイナンウミヘビ




庄内での呼び名:
学名:Ophisurus macrorhynchus
分類:脊索動物門 条鰭綱 ウナギ目 ウミヘビ科

南日本に分布、内湾の浅所から水深500m位までの砂泥底に生息する。「ウミヘビ」と名前がつくが、ヘビの仲間ではなくウナギの仲間である。体形は非常に細長い。夜行性で、昼間は砂に潜り顔だけ覗かせている姿もよく見られる。

上へ